一房総味にこめた想い

これまで「食」が私たちに与えてくれたものは、味、食感や香りといったおいしいと感じる嬉しさや、色彩り、美しさなどそれらを目の前にした時に感じる驚きでした。 これからの「食」には、五感から得られるもの以外に、暮らしの一場面にあることでその世界観に引き込まれてしまうような、 さらには生活スタイルすら変えたくなる、そんな期待に満ちた胸が弾むような体験が求められるのではないでしょうか。 私たちのものづくりに対するスタート地点は、その「胸が弾むような体験」です。 そしてそこで感じた「心の震え」をそのままお届けしたいという気持ちが、私たちのものづくりに対する原動力になっています。 そのために、これはと思う食材を丹念に探しだし、その素材を活かした最高の味組み考え、 それを手間と時間を惜しまず丁寧に作ること、そのすべてにこだわりました。 それはこだわりぬいて作り上げられたものだけが、心を動かす力を持つと信じるからです。

そのこだわりを「一房」にし、自信をもって作り込んだ美味しさを「総味」にして、 この自然豊かな中房総の地から、心や暮らしの豊かさに繋がるものをお届けしたい。

それがこの「一房総味」にこめた想いです。

▲Page Top